2013年4月27日土曜日

骨折の季節?



もうすぐG.Wです。
相変わらず気候は荒れていますが、それでも少しずつ暖かくなって、
周りの木々や草花も鮮やかに彩り、なんだか気分もウキウキしてきます。
学校や幼稚園、
新しい生活にもようやく慣れて、緊張も少しずつ解れてきて、
外に出かけたい気分にもなります。

でも、こんなときこそご注意。

実は最近、とても怪我の、特に骨折する患者さんが多いのです。
自転車や車などの事故や、スポーツをしていての怪我よりも、
日常の生活の中で怪我をする人が多いようです。

シーツに足の指を引っ掛けて転んだり、タンスの隅に足をぶつけたり。
風邪を引いて、咳込んだ拍子に肋骨を折ったり、
特に思い当たる節がないのに、突然痛くなったので、
病院に行ったら骨折と言われた人もいます。
「後から考えたら、家の片づけをしていて、重いものを運んだけど、あれかなぁ?」

怪我に季節はないはずですが・・・。

骨折と言うのは、骨がぽっきりと折れてしまうものだけではなく、
骨の周りを保護していてる骨膜がはがれたり、欠けたりするものもあります。
しかも外傷によって起こるもの、疲労によって起こるもの、病気によって起こるものなど、
その種類もさまざまです。
特に疲労や病気によるものは、些細なきっかけで折れたりします。

だから、ちょっと転んだだけだから・・・なんて、痛いのを我慢して放っておいたりしないで、
その部分に痛みや腫れ、熱を感じたら、なるべく早く処置をすることが大切です。

骨折を疑う症状は、「痛み」「変形」「腫れ」「内出血」です。
おかしいと思ったら、まず腫れや変形などを見ます。
そして、その部位の骨をそっと押してみましょう。骨折ならば激しい痛みを感じます。
また、ちょっとした動作でも痛みを感じ、夜間痛や安静時痛も続きますから、
このような場合は、速やかに病院にいくことをお勧めします。

外傷によって起こる炎症を最小限にとどめるためには、
まず患部を心臓よりも上にして、すぐに冷やすことが重要です。
受傷してしまったらすぐに、
氷をビニール袋に入れたもの(あれば冷凍のミックスベジタブル)をタオルで包み、
患部をマッサージするように冷やしましょう。
そして患部が動くと激痛を伴うので、しっかりと固定します。

東洋医学で言うと、骨は腎という場所と深い係わり合いがあります。
腎は水分代謝を司ると同時に、生体エネルギーを蓄え、元気を湧き出す場所です。
ですから、骨を傷つけると言うことは、その腎に蓄えてある生体エネルギーを消耗してしまうので、
とにかく疲れやすく、眠気を伴います。
そして、体内の水分を多く消耗するので、水分代謝のバランスも崩れるので、
むくみや排尿などにも影響を及ぼします。

腎を養う黒い食べ物(ひじきやわかめ、黒ゴマ、黒豆など)を食べたり、
無理をせず、疲れたら横になって休むなど、安静に努めましょう。
そして、体の水分をとても消耗するので、水分をしっかり補給してくださいね。

それから意外と意識がない人が多いのですが、
炎症は熱によって助長されます。
ですから、お酒を飲んだりお風呂にはいったりすると、症状をひどくさせてしまいますから、
受傷時は厳禁です。

一番大切なのは、怪我をしないようにすること。
睡眠不足は、骨をもろくさせるので、しっかりと睡眠をとって、
陽のある時間にちゃんと陽に当たり、骨を養いましょう。
(太陽の光に当たることで、カルシウムの吸収を増加させます。)

炎症を温めるのは炎症を助長してしまいますが、
適切な場所にお灸をすると、熱と腫れをとって自然治癒力を高めるので、とても効果があります。
うちの治療院では、骨折などの外傷に「炎症灸」という、特別な灸法を使います。









0 件のコメント:

コメントを投稿